峠でひとやすみ

イラストと写真と雑記

012-1 応神天皇陵と誉田八幡宮の秋季大祭(1)

9月15日、大阪府羽曳野市にある誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)の秋季大祭があると知り、前々からやってみたかった応神天皇陵1周をしてから、お祭を見に行くことにしました。

応神天皇陵の被葬者は確定していませんので、「誉田御廟山古墳」と書くべきかもしれませんが、応神天皇への信仰のもとに神社やお祭があると思うので、この記事では「応神天皇陵」と書きます。

f:id:rum64:20180923163056j:plain

1周するコースは、誉田八幡宮をゴールとしたいので、お宮の西側の道から時計まわりに歩くことにしました。

天気は曇り。時折、ぱらぱらと雨も降ります。

f:id:rum64:20180923163216j:plain

応神天皇陵です。っていうか応神天皇陵の内堤に生えてる木・・・。住宅の並びを過ぎたところで撮りました。

 

f:id:rum64:20180923163315j:plain

蝶々がいました。

f:id:rum64:20180923163359j:plain

手ブレせずに撮れた!

 

f:id:rum64:20180923163447j:plain

ずーっと、内堤です。墳丘が見えないように垂らされた御簾(みす)みたいです。

内堤の手前は外濠です。

烏がカァカァと鳴きながら飛んでいきました。古墳に巣があるのかも。

 

f:id:rum64:20180923163609j:plain

黄色い円の中の、木のむこうに見えるのが墳丘ではないかと思うのですが・・・違う?

 

f:id:rum64:20180923163652j:plain

外濠に植えられたコスモス。

 

f:id:rum64:20180923163751j:plain

内堤の角。解説パネルの他に絵画と古写真のパネルもありました。「河内名所図会」によると後円部のてっぺんに建物があり、そこまで階段が続いていました。江戸時代には登れていたのですね。

いったん広い自動車道に沿って歩いたら、右折して、川沿いの、きれいに塗装された道を進むと、

f:id:rum64:20180923163944j:plain

御陵の関連施設と思われるところへ着きました。

 

f:id:rum64:20180923164010j:plain

拝所の入り口。生け垣との境界がよくわかりませんが、正面に見えるのが誉田丸山古墳なのだと思います。

 

f:id:rum64:20180923164119j:plain

f:id:rum64:20180923164139j:plain

f:id:rum64:20180923164159j:plain

大きさに圧倒されてポカーン状態。

 

f:id:rum64:20180923164237j:plain

斜めから撮影してみましたが、もう、どう撮ればスケール感が伝わるのかわかりません。私には無理。

 

入口へ戻ると、道路の向こうに、墳丘?

f:id:rum64:20180923164316j:plain

前方後円墳の大鳥塚古墳でした。道路を挟んだこちら側は藤井寺市です。

f:id:rum64:20180923164415j:plain

墳丘長は110メートル。巨大古墳を見たあとのせいか、親しみを感じます。

 

高架のところで右折して、応神天皇陵(の木)を見失わないように、住宅地を南下していきます。

途中にテニスコートがあり、その管理棟にも解説パネルがありました。パネルにはレーザ測量図と模式図がありました。

ここからも墳丘(の木)が見えるそうですが、もう探しません。

“木”疲れしたわ。(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...

 

さらに南下します。

誉田八幡宮が近くなると祭囃子が聞こえ、だんじり地車・楽車)が見えました。

f:id:rum64:20180923164709j:plain

(2)へ続きます。

011 和をもって・・・四天王寺の万灯供養

8月9日、四天王寺のお盆、万灯供養に行ってきました。四天王寺大阪市天王寺区にある聖徳太子信仰のお寺です。

f:id:rum64:20180819010321j:plain

極楽門をくぐりながら。
吊るされた献灯灯籠が風に揺れて華やかです。

 

f:id:rum64:20180819010419j:plain

八葉の素弁蓮華文の軒丸瓦。
にわか勉強ですが「創建当初と同じ種類の文様だ」とわかるとウレシくなります。(とか書いてて間違ってたらゴメンナサイ)

 

伽藍内へ入ります。

f:id:rum64:20180819010615j:plain

f:id:rum64:20180819010642j:plain

18時30分から本日1回目の万灯供養法要が始まりました。
お坊さんが般若心経を唱えながら金堂と五重塔のまわりをお練り歩きします。

 

法要の後、東重門から外へ出てみると・・・

f:id:rum64:20180819010917j:plain

猫の門!
門に猫の彫刻があるのだと通りがかった方(近所の方?)が教えてくださいました。

f:id:rum64:20180819011020j:plain

囲いギリギリまで寄ってズームで撮影しましたが、思いっきりブレた。
もともと手ブレしがちなうえに、囲いの近くは暗かったためカメラがシャッター時間を長くしてくれていたのと、ズームにしていたことが重なって傷口がひろがったのだと思います。

f:id:rum64:20180819011144j:plain

ズームはあきらめました。

家に帰ってからぐぐってみたら、この猫にまつわる伝説をみつけました。(聖霊院は太子殿の正式名称です)

聖霊院の猫の門 大阪の不思議

 

f:id:rum64:20180819011656j:plain

門のむこうに太子殿の奥殿があります。

f:id:rum64:20180819011836j:plain

しっかり見張ってます。

f:id:rum64:20180819011916j:plain

キラキラきれい。

 

f:id:rum64:20180819012042j:plain

そんなことを言っているうちに日も傾いてきました。

再び中心伽藍へ。

f:id:rum64:20180819012151j:plain

飛鳥時代の夕暮れっぽいわ。見たことないけど。

f:id:rum64:20180819012312j:plain

f:id:rum64:20180819012334j:plain

f:id:rum64:20180819012412j:plain

 

今回、中心伽藍へ行ったり来たりしていますが、ここは通常は有料で、特定の日・期間のみ無料で開放されています。

拝観ご案内 - 参拝・供養・祈祷 - 和宗総本山 四天王寺

010 天理参考館の武人埴輪

前回のイラストの武人さんは、衝角付冑と挂甲を描くのにイッパイイッパイで、刀などの武器を持たせるのを忘れてました・・・まるごし武人やん!

と気付いたところで武器についてはあまり調べてないので描けませぬ。

そこで、奈良県天理市にある天理参考館で撮った武人埴輪の写真でお茶を濁すことにします。

まずは正面。

f:id:rum64:20180805010335j:plain

f:id:rum64:20180805010511j:plain

武器まわりだけトリミングしました。弓、胡籙(ころく)に入れた矢、刀を装備。

 

f:id:rum64:20180805010648j:plain

横から。手ブレがひどくてすみません。
弓は正面からだと「何やコレ?」って感じでしたが、横からだとハッキリわかります。
頬当(錣(しころ)かも?)がワッフルっぽい。

 

f:id:rum64:20180805010848j:plain

反対側の横から。隣(写真では手前)にいるのは盛装男子埴輪です。盛ってるだけにインパクトがありますが、今日の主役は武人さん。

f:id:rum64:20180805011011j:plain

胡籙(ころく)だけトリミングして明るめに調整してみました。

細かい造形に感動です。

群馬県出土の古墳時代後期の埴輪だそうです。

武人埴輪 | 参考館セレクション

009 とある夏の日の武人さんと馬(古墳時代)

和歌山市立博物館に行く機会がありました。

常設展示室に入ってすぐ、大谷古墳出土の馬冑が展示されていました。そして、その向こうに見えたのは、実物大の飾り馬の模型!

和歌山市立博物館

尻懸は雲珠と鈴のついた剣菱形杏葉で飾り、胸懸には馬鈴をつけています。轡の鏡板はf字形でこれにも鈴がついていました。にぎやかそうですね。

シッポは垂れ下がったままの状態で、先をたたむように丸め(てると思うけどよくわからない)紐をまきつけていました。

見た目は、それほど派手ではない感じでしたが、飾りや金具がもっとキラキラしていたら、また違った印象なのかも。

そんな飾り馬もよかったんですが、やはり大谷古墳といえば馬冑なので、馬冑をつけた馬を描いてみました。

f:id:rum64:20180722144003j:plain

大谷古墳からは馬冑だけでなく馬甲もみつかっています。

馬甲は首と胴体を守るものですが、いかにも暑苦しそうだし、絵にできるほどの情報を持っていないのでイラストには描いていません。そもそも暑い夏の設定で描かなければいいんですが、今、自分が暑いので、暑そうな人が描きたかったのです。

人物の装備については、衝角付冑は展示されていましたが(1部分のみの出土)、挂甲はどんなものだったかわからなかったので、近つ飛鳥博物館の復原模型(藤井寺市長持山古墳出土)を参考に描きました。

挂甲 - Wikipedia

 

 

008 水鳥を見守る陵、岡ミサンザイ古墳

6月3日、大阪府藤井寺市にある岡ミサンザイ古墳の周辺を歩いてきました。

岡ミサンザイ古墳は古市古墳群に含まれる、大型の前方後円墳です。出土した埴輪の特徴から、5世紀末~6世紀初めの古墳と考えられています。宮内庁により仲哀天皇(第14代)の陵に治定されていますが、雄略天皇(第21代)の陵ではないかと考える研究者も多いそうです。

f:id:rum64:20180607213200j:plain

上のイラストの水色の矢印が歩いたルートです。番号は以下の写真の撮影場所です。

f:id:rum64:20180607213302j:plain

 

②白い水鳥を発見!サギかな?

f:id:rum64:20180607213401j:plain

 

③食べ物を探しているようです。翼をひろげたりもしていたのですが、撮り損ねました。

f:id:rum64:20180607213455j:plain

 

④上の2枚では古墳にいたのかどうかわからないので、古墳だとわかるように撮ってみたら今度は鳥がよくわからない(・_・;)

f:id:rum64:20180607213533j:plain

古墳に水鳥、といえば古市古墳群では津堂城山古墳から出土した水鳥形埴輪が知られています。その埴輪ではサギ科ではなくガンカモ科の水鳥がモデルのようです。

水鳥形埴輪のモデル探し1(No.113)/藤井寺市

 

⑤拝所です。

f:id:rum64:20180607213856j:plain

 

f:id:rum64:20180607213933j:plain

古墳を撮るなら明け方か夕暮れ時に幻想的な感じで、と思っていましたが、緑におおわれた古墳に青い空というのも、変わるものと変わらないものを見せてくれるようでいいなと思いました。

007 ほっと、一息

f:id:rum64:20180602155127j:plain

もうちょっと面白いブログにしようと、ネタを考えたり、ぐぐってみたりしていたら疲れてしまったので、ひとやすみ。
ブログ向いてないのかな。
でも、面白いブログにしようとか、思わなければ問題ない。私にとって「面白く」というのはきっと背伸びなのでしょう。

006 九度山真田まつり・真田武将隊の幸村公

5月5日、紀州九度山真田まつり(2日目)に行ってきました。
その時に撮った、紀州九度山真田武将隊の写真を見ながらスケッチしました。
背景(?)はPhotoshopの雲模様です。

f:id:rum64:20180520222709j:plain