峠でひとやすみ

イラストと写真と雑記

近つ飛鳥博物館(2)私にはまだ早い!~土曜講座「組み合わせでみる古墳時代馬具」

f:id:rum64:20190202235631j:plain

前回のつづきです。この日、土曜講座がひらかれていたので聴講しました。テーマは「組み合わせでみる古墳時代馬具」。

近つ飛鳥博物館では、毎月「入門講座」と「土曜講座」がそれぞれ1回ずつひらかれます。私の知識レベルだと「土曜講座」はちょっと難しいかなと思ったのですが、「馬具のことなら飾り馬のイラストを描くとき調べたし、いけるやろう」と思って聴いてみました。しかし、やっぱり難しかった。

 わかった範囲で大まかに紹介します。(ほぼレジュメの引用ですが)

  

1.5世紀後葉までの流れをたどります。

(「中期2」「中期3」・・・という区分は、馬具編年です)

中期2(4c後葉) 轡が出現

中期3(4c末~5c初)

 轡のほか、木芯輪鐙・鉄装鞍・環状雲珠・鉸具が登場

中期4(5c前葉~中葉)

 金銅装鞍、心葉形杏葉・三環鈴・馬鐸など装飾性のある馬具が加わる

中期5(5c中葉~後葉)

 轡(f字形・内湾楕円形)・杏葉(剣菱形)・板状辻金具などが登場し、定型的な装飾馬装が成立。

 鈴杏葉の登場、三環鈴・馬鐸の大型化など青銅製装飾に変化。

中期6(5c後葉)

 以降、各種変化はあるが、基本構成となる馬具はでそろう

そして、6世紀初めに形・つくり・構造が変化したり、新しい形のものが出現してきます。

鏡板についていうと、f字形鏡板はサイズが大きく、鋲の数も多くなるし、新たに十字文楕円形鏡板が登場します。内湾楕円形鏡板は鉤金具が兵庫鎖になり、新たに環状のものが出現します。

変化の背景には「継体大王期の工房再編」がある、という説があります。

 

2.5世紀後半から6世紀前半の、鏡板と各種馬具の組み合わせについて。(以下の引用箇所は「後半」とか「前半」が省略されているのかな?)

雲珠・辻金具(金銅装轡に伴う)

5c f字形     環状雲珠・板状辻金具

6c f字形     環状雲珠・板状辻金具主体

   十字文楕円形  鉢状雲珠・辻金具主体

   ※互いに主体となるもの以外も一定数存在

 

雲珠・辻金具(鉄製轡に伴う)

5c 内湾楕円形  環状雲珠・板状辻金具

6c 内湾楕円形  ほぼ鉢状辻金具

   環状     鉢状辻金具主体。他種も一定数

 

5c f字形         脚一体造り

6c f字形、十字文楕円形  ほぼ脚別造り

鞖(しおで)には「脚一体造り(二脚)」と「脚別造り(一脚)」があるそうです。何がどう一体なのかとか訊かないでください。私にもわかりません。説明してくれてたかもしれないけど、この話のあたりでもう頭の処理能力が追いついてないので記憶にありません(T_T)。

 

杏葉

・鏡板・杏葉の強いセット関係

  ・・・f字・剣菱  十字文楕円・三葉文楕円

・基本的に同じつくり(技法)の製品 → 例外の存在

・新相の鏡板+古相の杏葉 

レジュメに「地域的差異」って自分で書き込んでるんだけど、なんの話だったっけ。思い出せない。

 

3.まとめ。もうほとんど記憶がないです。寝ていたわけではなく、頭がフリーズ。

なんとか理解できたのは

基本的には転換後の各馬具が組み合うが、少数ながら古相と新相が組み合わさる・・製品製作の場とはやや距離をおいた、製品保管・組み立て・流通のありかた

 ということです。

 

漢字だらけの記事になってしまいました。字間違いあったらすみません。

近つ飛鳥博物館(1)建物、常設展示の埴輪(動物・人物)と甲冑

1月26日、大阪府立近つ飛鳥博物館へ行ってきました。

 

f:id:rum64:20190128093739j:plain

建物は安藤忠雄さんの設計です。若い方が熱心に写真を撮っていました。

 

f:id:rum64:20190128094002j:plain

f:id:rum64:20190128094023j:plain

f:id:rum64:20190128094100j:plain

f:id:rum64:20190128094128j:plain

f:id:rum64:20190128094206j:plain

館内のロビーは吹き抜けになっていて、天井にある窓から外の光がさしこんでいました。この廊下を歩いて行って、

f:id:rum64:20190128094551j:plain

埴輪模型のおしりを撮影。巫女さんのタスキもかわいいなぁ。

 

f:id:rum64:20190128112209j:plain

巫女さん、近すぎてぼやけてしまい、残念。

 

展示室へ行きます。常設展示は一部が撮影禁止です。

券売機で入場券を買い、カメラを片手に撮る気まんまんで受付の方に入場券を渡すと、撮影禁止場所が描かれたマップをくださいました。これがないとすべての展示で撮影禁止マークがあるかどうか血眼になって探さないといけなくなるので、写真を撮る方は是非もらってください。

では、撮影可能な常設展示のなかから、埴輪(主に人物と動物)と甲冑の写真をアップします。

 

f:id:rum64:20190128161819j:plain

f:id:rum64:20190128162244j:plain

f:id:rum64:20190128162306j:plain

f:id:rum64:20190128162329j:plain

f:id:rum64:20190128162448j:plain

目のところのヒビが涙のようで、この猪はなんだか悲しそうに見えます。

 

f:id:rum64:20190128162754j:plain

甲冑形埴輪は器財埴輪ですが、この埴輪には「ここはオレが守る!」という気合いのようなものを感じました。

 

f:id:rum64:20190128163140j:plain

f:id:rum64:20190128163209j:plain

f:id:rum64:20190128163352j:plain

背後に浮かぶ頭部がシュールだわ。

 

f:id:rum64:20190128164039j:plain

横矧板鋲留衝角付冑と挂甲の復原模造品です。黒漆を塗ってあって、ホントは黒いのです。甲冑の写真はカメラの操作ミスでどれも黄色っぽくなってしまいました。すみません。

f:id:rum64:20190128164557j:plain

 手首のあたり、動きやすくしてるのかな。

 

f:id:rum64:20190128163753j:plain

 衝角付冑と三角板革綴短甲。

 

f:id:rum64:20190128163956j:plain

 襟付三角板革綴短甲。

青い空と、センサーのゴミ

レンズ交換2回目にして早くもイメージセンサーにゴミがついてしまいました。

f:id:rum64:20190122103402j:plain

カメラのメニューにあるクリーニングモードを実行してみたところ「終了後に電源をオフにしてください」というメッセージが出て、画面が消えてしまいました。

???

しばらく待ちましたが何のメッセージもないので電源をオフにしました。(あかんかった?)

ソニーの公式サイトをみると、NEX-C3は、電源オフのたびにゴミやホコリをふるい落とす仕様になっているとのこと。それだったら撮影時に何度かやってるはずなので、クリーニングモードを実行してもゴミが落ちなかったってことでは?

現状を確認してみることにしました。F22でコピー用紙を撮っています。

f:id:rum64:20190122105445j:plain

思ってたより、いっぱい、ある。

次にできることは、レンズを外して、直接ブロアーで飛ばすことです。私がやるとよけいにホコリが入りそうで怖かったのですが、このままならサービスステーションに持っていくしかないので、やってみることにしました。

 

f:id:rum64:20190122105907j:plain

かなりきれいになりました。もう1回、周辺を重点的にやってみます。

 

f:id:rum64:20190122105942j:plain

全然変わってません。ブロアーではこれが限界のようです。

これ以上自分でなんとかする自信は無いので、サービスステーションに持っていくか、このまま使うかなんですが、考えた結果、このまま使うことにしました。

この先、何度もレンズ交換するのだし、気にしてたらキリがないと思ったからです。記念写真とか撮るとなったらマズいですけど、いまのところ自分のためだけに撮っているので、気にしないことにします。

実際、撮ってみたら気持ちが変わるかもしれませんが、とりあえず、次回の撮影はこれでいこうと思います。

  

何はともあれ、ブロアーでの掃除でゴミが少なくなって、ほっとしました。

大和と河内で初詣

1月6日、奈良県橿原市橿原神宮と、大阪府東大阪市枚岡神社へお参りにいってきました。

はじめに橿原神宮へ。

f:id:rum64:20190110181546j:plain

f:id:rum64:20190110181622j:plain

社殿は、特異な形式だそうです。公式サイトの「境内みどころ」で紹介されています。

www.kashiharajingu.or.jp

参拝のあと深田池へ。

f:id:rum64:20190110181802j:plain

拝殿での緊張感から解放され、のんびりした気分になれます。

 

f:id:rum64:20190110181909j:plain

f:id:rum64:20190110181941j:plain

いきなり飛行ショー。

 

f:id:rum64:20190110182040j:plain

この日はフォーカスロックの練習をしようと思っていて、カメラの設定はAF-S、中央重点、プログラムオートにしていました。「AF-Cに変える」とか「シャッタースピード優先にしてシャッタースピードを速く」とかいう余裕など、私にあるはずもない。

(後で「スポーツ」という便利な撮影モードがあることを知りました)

 

f:id:rum64:20190110182536j:plain

せっかく大きく撮れたのに、ボケとブレで台無し~。

 

橿原神宮から枚岡神社近鉄電車で行くには、橿原線を北上し、大和西大寺駅で大阪方面へ行く電車に乗り換えるのですが、お昼どきでお腹もすいてきたので大和西大寺駅駅ナカにある「幡・INOUE」というカフェでゴハンを食べました。そのあと展望デッキへ。

f:id:rum64:20190110183229j:plain

f:id:rum64:20190110183309j:plain

線路の交差がすごい。

 

f:id:rum64:20190110183527j:plain

向かい側のホームは電車が出た直後で誰もいなくなりました。

にぎやかさの間の、ちょっと不思議な時間・・・というのを狙ってたわけではなく、手前の「大・京」の信号機を撮ろうとしてて、たまたま撮れた。

 

枚岡神社は枚岡駅のすぐ近くにありました。

中臣氏の祖神を主祭神としてお祀りしていて、春日大社ともつながりのある神社なのだそうです。

www.hiraoka-jinja.org

f:id:rum64:20190110184109j:plain

かっこいい鹿。

 

f:id:rum64:20190110184232j:plain

右に写っているのが「なで鹿」です。

 

f:id:rum64:20190110184401j:plain

鹿の目にフォーカスロックした後、カメラを動かしすぎて、顔が入りきらなかった。

 

f:id:rum64:20190110184617j:plain

親子の「なで鹿」。今度は自分が動いてしまってボケた。

 

f:id:rum64:20190110184909j:plain

子鹿の顔に合わせて撮ったら、おかあさん鹿の顔がボケていました。

ちゃんと撮れる日はくるのでしょうか。(T_T)

新世界ぐるぐるハルカス

ソニーNEX-C3ダブルレンズキットを中古で買いました。

2011年発売の製品です。中古といえどこれぐらい前のでないと高くて買えません(T_T)。

それでも今使っているカメラが2008年発売のパナのDMC-FX500(家族からのおさがり)なので私にとってはニューモデルなのです!

ネットのレビューなどを読んで、オリンパスE-P3かパナのDMC-GX1のどちらかって思ってたのですが、バイオノートが壊れてしまったことでソニー愛が急上昇(前回の記事)。

ちょうど行動圏内のキタムラに状態のいいNEX-C3があったのでこれに決めました。

家でちょこっと試し撮りして、12月27日の夕方から新世界を撮りに行ってきました。

osaka-info.jp

レンズは買った時についてたままの16mmレンズ(カメラのセンサーサイズはAPS-C)です。ブロアー持ってないしレンズ交換はおそろしくてできない・・・。

焦点距離と撮影距離と被写界深度と過焦点距離の関係が全然わかってないので、おまかせオートで撮りました。

 

f:id:rum64:20181231164401j:plain

 

f:id:rum64:20181231164519j:plain

ジャンジャン横丁

f:id:rum64:20181231164606j:plain

 

f:id:rum64:20181231164633j:plain

づぼらやの張り子から通天閣までの通りは写真を撮るひとでいっぱいでした。

 

f:id:rum64:20181231164806j:plain

 

f:id:rum64:20181231165024j:plain

再びジャンジャン横丁

 

JRぞいの道からみえるハルカスがきれいなので、アベノまで歩いて行くことにしました。

f:id:rum64:20181231165303j:plain

ここまで暗くなるとカメラは明るく撮ろうとするので、プログラムオートにして露出補正-1.7EV、ホワイトバランス太陽光で撮りました。

左にあるのは天王寺動物園です。巨大な屋根は鳥のケージ?

時々「クェーッ」みたいな声がして、こんな街中に野生動物が暮らしていることに気づかされました。ハルカスにいたら気づかないし、動物園にいても気づかなかったかも。

 

f:id:rum64:20181231165739j:plain

暗い、寒い。

写真を撮るのでなければ、絶対、歩いてない。

 

およそ80分間で51枚、あわただしく撮ってしまいました。

オート頼みでカメラ操作の練習にはならなかったけれど、コンデジのときのように何気なくズームしてしまうことがないので、広角の世界を意識することが、ちょっとはできた。

 

あったか~いキューズモールのビックカメラで、ブロアー買って帰りました。

さようなら、2003年のバイオノート

f:id:rum64:20181209112935j:plain

2003年にソニーのノートパソコンを買いました。バイオノートのエントリーモデルでPCG-FR55Gという機種です。

www.vaio.sony.co.jp名前にBがついてるほうはMicrosoft Officeが入っているぶん値段も高かったので無いほうにしました。

メモリを増やして、Photoshopで絵を描いたり、DVDを観たり、音楽を聴いたり、ネットをさまよったり、たくさんの時間を過ごしました。

でも、6年位前、仕事のためにWordとExcelを覚えようと新しいパソコンを買ったこともあって、XPのサポート終了後はネットから切り離され、Photoshop7.0専用機となっていました。

そして先日・・・

撮ってきた写真を調整しようと電源ボタンを押したのですが、電源が入らない!

何度か押してみたのですが、全く反応がなく、「もう15年だし、寿命か。そういえばこの前、突然画面が真っ暗になったっけ(その時はすぐに戻った)」と思いながらマニュアルをひっぱりだし、「困ったときは」のページを読みました。バッテリがどーたらこーたら書いてあったので、試しにバッテリを外して電源ボタンを押してみたら・・・起動した!なんだ~大丈夫やん。気持ちに余裕ができたので、ほんとうにバッテリが原因なのか確かめようと、再びバッテリをセットしてみたら、すんなり電源が入りました。???たまたまか、と納得して、そのまま使いました。何でそこで納得してしまったか、たぶん「壊れてほしくない、きっと壊れてないはず」という願望かあったのでしょう。

しかし、翌日、また反応がない。

「あぁ、やっぱり、ダメなのか。昨日、バックアップとっとくんだった。なんとか動かないかな。でもたとえ動いても、次はないかもしれないし、もうそれで最後にしよう」と身勝手なことを考え、1日1回、起動を試みてみることにしました。

そして次の日、何度かボタンをカチャカチャやっていたら電源が入ったのです。

さっそく、データのバックアップをとります。システムにはなんの問題もないようで、サクサク動きます。電源まわりだけが痛んでいるのでしょう。

こんなにがんばってくれているのに、お別れするのかと思うと、ちょっとウルっときますが、でももう修理に出そうという気にはなりませんでした。

データを消去するソフトは持っていないので、ハードディスクは外すつもりですが、気持ちの問題といいますか、出荷時の状態に戻しておくことにしました。

リカバリの作業中、XPの頃のメールソフトPostPet V3と写真を撮っておきました。

f:id:rum64:20181209113025j:plain

雑な合成ですみません。モバイルアプリのPhotoshop MixとPhotoshop Expressでつくりました。Photoshop7.0をWindows10にインストールするかどうかはまだ迷っています。

 

システムリカバリが終わり、心配していた再起動もできました。そして黒い画面に白く、Windows XPのロゴを表示すると、ふっと真っ暗になりました。

パワーランプは消えていました。

 

015 四天王寺・秋の大古本祭り

日本史縛りをしていたので、上げてなかった1カ月以上前の写真です。

f:id:rum64:20181120234344j:plain

10月7日、四天王寺・秋の大古本祭りに行ってきました。

 

f:id:rum64:20181120234412j:plain

もふもふした雲。

 

f:id:rum64:20181120234438j:plain

お寺と本と人。

 

f:id:rum64:20181120234459j:plain

混沌として豊かな世界。

 

次回の四天王寺での古本祭りは春です。

関西古書研究会

 

大阪古書店ネットの「お知らせ」にも情報が出るはず。

www.osaka-kosho.net