峠でひとやすみ

イラストと写真と雑記

墓山古墳と野中古墳~古市古墳群

2月6日、散歩がてら墓山古墳(羽曳野市)と野中古墳(藤井寺市)の写真をスマホで撮ってきました。

下図の①~⑤はだいたいの撮影地点です。(ホントにだいたいです)

f:id:rum64:20210214084443j:plain

 

まずは墓山古墳。

f:id:rum64:20210214084903j:plain

5世紀のはじめ、誉田御廟山(こんだごびょうやま、応神陵)古墳と同じ頃につくられたと考えられています。

墳丘長225メートルの前方後円墳です。

 

f:id:rum64:20210214084930j:plain

後円部の直径は135メートル。写真にはおさまりきらないけど、白鳥陵よりも近くで見られるのがいいですね。

 

f:id:rum64:20210214084956j:plain

平たくなっているのが見えます。1段目かな?

この古墳は、3段に築かれているそうです。

 

f:id:rum64:20210214085042j:plain

 

 

北へ少し歩くと住宅の間に、墓山古墳の陪冢(ばいちょう)といわれている野中古墳があります。

f:id:rum64:20210214085153j:plain

1辺37メートル、2段築成の方墳です。

この古墳、大きさのわりに出土品がスゴいのです。

短甲11領、鉄刀153本、鉄剣16本、鉄鏃約740本、大量の鉄製農工具、4万点超の滑石製模造品、など・・・。

大阪大学のサイトに詳しく紹介されています。(出土状況の図面や写真もあります)

www.let.osaka-u.ac.jp

庶民の私は、武具はともかく、農工具は埋めるんじゃなくて作業をする人たちに使わせてくれればいいのに、と思ってしまいます。

 

革製衝角付胄の復原模造品と、襟付三角板革綴短甲・眉庇付胄の複製品は、近つ飛鳥博物館に展示されています。

以下、2019年に行ったときに撮った写真です。

カメラのホワイトバランスの操作ミスで黄色っぽく写っています。すみません。

f:id:rum64:20210214085217j:plain

f:id:rum64:20210214085241j:plain

 

野中古墳については墓山古墳との関係(つくられた時期の差)や、人体埋葬があったかどうかが議論されていて、興味深いです。

 

readyfor.jp上のリンク先の後半で述べられています。

2021年のはじまりに

f:id:rum64:20210101171457j:plain

新しい年になりました。

 

今年のカレンダーは、柴犬、秋田犬、岩合さんの猫、などなど、どれにしようか迷いましたが、山と渓谷社から発売されている「星野道夫ベストセレクション 極北の動物たち」に決めました。

 

www.michio-hoshino.com

星野道夫さんの写真を見ていると、この地球は多様で、厳しくて、それでも調和していて、美しい・・・そう感じます。

 今年はその気持ちを忘れないようにしたいと思います。

東大阪市立郷土博物館の埴輪と馬具

11月28日、東大阪市立郷土博物館に行きました。

時間があんまりなかったので、じっくり見られませんでしたが、とても充実した展示でした。

 

埴輪と馬具の写真を撮ったので紹介します。

まず、大賀世2・3号墳出土の埴輪です。

f:id:rum64:20201213003247j:plain

奥の列が、「みずらの男性」と「鹿形埴輪」。

手前の左と真ん中の人物埴輪は、「入れ墨をした男性」、右が「まげを結う女性」です。

北河内中河内の(かつてあった)河内湖をめぐる地域は、遺跡の資料から馬の飼育がされていたと考えられています。

いっぽう日本書紀には、履中天皇が淡路島にいったとき、河内飼部(かわちのうまかいべ)に対し入れ墨をすることをやめたことが書かれています。つまりそれ以前は入れ墨をしていたということです。

履中天皇がいたと思われる時期より、この古墳のほうが新しいようですが、この入れ墨の埴輪は馬の飼育をする人のすがたなのではないかと勝手に想像をふくらませています。(あくまで勝手な想像です)

 

f:id:rum64:20201213003324j:plain

なにはともあれ、かわいいです。

 

f:id:rum64:20201213003354j:plain

 

 

ここからは山畑(やまはた)古墳群。

f:id:rum64:20201213003428j:plain

山畑22号墳出土の須恵器と土師器、山畑33号墳出土の馬具。

馬具は鐘形杏葉。6世紀に普及するデザイン(って言い方でいいのか?)です。

 

f:id:rum64:20201213003527j:plain

 緑の○が古墳。いっぱいありますね。

 

f:id:rum64:20201213003622j:plain

 

壺井八幡宮、通法寺跡と河内源氏三代の墓

f:id:rum64:20201009104904j:plain

10月3日、壺井八幡宮大阪府羽曳野市)、通法寺跡と河内源氏三代の墓(羽曳野市と太子町)に行ってきました。

河内源氏三代の墓とは河内源氏の祖・源頼信と、子の頼義、孫の義家のお墓です。

 

f:id:rum64:20201009105058j:plain

壺井八幡宮の階段。

 

f:id:rum64:20201009105134j:plain

上りきったら、さっと視界がひらけて、清々しい気分になりました。

 

f:id:rum64:20201009105210j:plain

右手にある列石。どういうものかはわかりませんが、なんだかミステリアス。

 

f:id:rum64:20201009105245j:plain

  

f:id:rum64:20201009105313j:plain

壺井八幡宮は二代目の頼義が創建した神社です。

この社殿と西側にある壺井権現社は徳川綱吉の命で再建されたものを平成7年に復元修理したのだそうです。

 

f:id:rum64:20201009105352j:plain

 かわいい彫刻をみつけたのですが、キットレンズのズームの限界。

 

f:id:rum64:20201009105420j:plain

 なので、トリミング。

 

f:id:rum64:20201009105551j:plain

西側から。

 

f:id:rum64:20201009105649j:plain

壺井権現社の狛犬

 

f:id:rum64:20201009105922j:plain

迫力あるな~。

 

f:id:rum64:20201009110107j:plain

壺井権現社は義家の5男(6男?)、源義時により創建されました。

 

 来た時の階段を降りて、そのまま南へ歩きます。

 

f:id:rum64:20201009110138j:plain

通法寺跡の山門。

 

f:id:rum64:20201009110239j:plain

 「跡」なので、ひろびろ~。左手に、りっぱなお墓があります。

 

f:id:rum64:20201009110329j:plain

源頼義の墓。

 

f:id:rum64:20201009110408j:plain

ひろびろしたところに、あったもの。真横から撮ったので形がわからなくなってしまいました。こちらのサイトに形のわかる写真があります。

www.habikino-kk.net

 

f:id:rum64:20201009110459j:plain

 鐘楼?

 

f:id:rum64:20201009110543j:plain

となりにある源氏館跡から見たところ。木にぴたっとガードされてるみたいだ。

 

f:id:rum64:20201009110649j:plain

 地図を見ながら頼信と義家の墓へ向かいます。

 

f:id:rum64:20201009110729j:plain

 えぇ!?ここ?山道?

 

f:id:rum64:20201009110810j:plain

登っていたら、突然、パキッ!と小枝の折れるような音がしたので、「何か(危険な生き物が)いるー!!」とビビりましたが、でっかいドングリが落ちてきただけでした。

 行かれるときは、足元にじゅうぶん気を付けてくださいね。

 

f:id:rum64:20201009110851j:plain

義家の墓。ちゃんと花が供えてあります。

 

f:id:rum64:20201009110935j:plain

墳丘の上まで入らなかったのでもう一枚、と撮っていたら、蚊が寄ってきたので移動します。

 

f:id:rum64:20201009111023j:plain

頼信の墓。

 

f:id:rum64:20201010223905j:plain

蚊がいっぱい集まってきたので、大急ぎで退却しました。

白鳥陵の白い水鳥

白鳥陵(軽里大塚古墳/前の山古墳)の北側は濠にそって竹内街道がとおっています。

先日、古墳を眺めながら歩いていたら、白い水鳥を見つけました。

スマホのカメラで、めいっぱいズーム!

f:id:rum64:20201001111128j:plain

メカの限界と私の手元が安定していないせいで、何か絵画的ですね。

 

以下、ズームしないで撮ったものをトリミングしています。

古墳に寄り添う感じ、伝わるでしょうか。

f:id:rum64:20201001111159j:plain

 

f:id:rum64:20201001111231j:plain

 

f:id:rum64:20201001111256j:plain

古墳時代から先祖代々、来ているのかな?

 

遅くなりましたが、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録1周年をお祝いします

7月なかばまで続いた雨がちな日々からの連日の猛暑。体がついていかず、積極的に何かを見に行こうという気にもならないまま、夏がおわってしまいそうです。

 

この夏(7月6日)は、百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録から1周年。

博物館や自治体の施設で、パネル展示などの催しも行われているようですが・・・行ってない。

家で「もずふるMozu-Furuichi」チャンネルの動画見ただけ・・・。

大阪府堺市羽曳野市からのメッセージ動画がアップされています)

(追記:9月7日に藤井寺市の動画もアップされました)

 

私は世界遺産に登録されたことそのものよりも、解説板が新しくできたりマップがつくられたりイベントを開催したりといった登録をめざす取り組みが、すごくいいなあと思っていました。

登録決定後は、近鉄電車の「こふん列車」にテンションがあがりました。

railf.jp

それらが、いつのまにかボロボロになって関心も薄くなってしまうことがないよう、こういう節目で気持ちを盛り上げるのは大切だと思い、私もたいしたことはできないけど何かしようとイラストを描きました。

 

f:id:rum64:20200921162955j:plain

背景にあるのは、古墳じゃなくて山です。右手にあるのが二上山のつもり。

 

イラストだけではさみしいのでもう1点、昨年撮ったものですが軽里大塚古墳/前の山古墳(白鳥陵)です。 f:id:rum64:20200829111257j:plain

円筒埴輪の特徴から、5世紀後半に築造されたと考えられています。

宮内庁によりヤマトタケルのお墓と治定されていますが、5世紀後半ということは誉田御廟山古墳応神天皇陵)や大仙古墳(仁徳天皇陵)よりも新しい(?_?)

それでも、ヤマトタケルの魂が白鳥となって飛来し、羽を曳くように飛び去ったという伝説にふさわしい、美しい古墳だと思います。

大阪ミナミ、平日のお昼

「緊急事態宣言」解除後はじめて、難波へ行きました。(写真はスマホで撮影)

f:id:rum64:20200725102545j:plain

閉店が決まっている「づぼらや」。

 

f:id:rum64:20200725102617j:plain

くいだおれ太郎も、寂しそうに見えてしまいます。

 

f:id:rum64:20200725102645j:plain

「ついに通天閣が緑にライトアップ!」と、喜んだのも束の間、また感染がひろがってきている大阪。

 

f:id:rum64:20200725102711j:plain

こんなふうに、お互いの笑顔が見られる日は、まだ遠い。

でもこの看板を見られて、よかった。