峠でひとやすみ

イラストと写真と雑記

遅くなりましたが、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録1周年をお祝いします

7月なかばまで続いた雨がちな日々からの連日の猛暑。体がついていかず、積極的に何かを見に行こうという気にもならないまま、夏がおわってしまいそうです。

 

この夏(7月6日)は、百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録から1周年。

博物館や自治体の施設で、パネル展示などの催しも行われているようですが・・・行ってない。

家で「もずふるMozu-Furuichi」チャンネルの動画見ただけ・・・。

大阪府堺市羽曳野市からのメッセージ動画がアップされています)

(追記:9月7日に藤井寺市の動画もアップされました)

 

私は世界遺産に登録されたことそのものよりも、解説板が新しくできたりマップがつくられたりイベントを開催したりといった登録をめざす取り組みが、すごくいいなあと思っていました。

登録決定後は、近鉄電車の「こふん列車」にテンションがあがりました。

railf.jp

それらが、いつのまにかボロボロになって関心も薄くなってしまうことがないよう、こういう節目で気持ちを盛り上げるのは大切だと思い、私もたいしたことはできないけど何かしようとイラストを描きました。

 

f:id:rum64:20200921162955j:plain

背景にあるのは、古墳じゃなくて山です。右手にあるのが二上山のつもり。

 

イラストだけではさみしいのでもう1点、昨年撮ったものですが軽里大塚古墳/前の山古墳(白鳥陵)です。 f:id:rum64:20200829111257j:plain

円筒埴輪の特徴から、5世紀後半に築造されたと考えられています。

宮内庁によりヤマトタケルのお墓と治定されていますが、5世紀後半ということは誉田御廟山古墳応神天皇陵)や大仙古墳(仁徳天皇陵)よりも新しい(?_?)

それでも、ヤマトタケルの魂が白鳥となって飛来し、羽を曳くように飛び去ったという伝説にふさわしい、美しい古墳だと思います。

大阪ミナミ、平日のお昼

「緊急事態宣言」解除後はじめて、難波へ行きました。(写真はスマホで撮影)

f:id:rum64:20200725102545j:plain

閉店が決まっている「づぼらや」。

 

f:id:rum64:20200725102617j:plain

くいだおれ太郎も、寂しそうに見えてしまいます。

 

f:id:rum64:20200725102645j:plain

「ついに通天閣が緑にライトアップ!」と、喜んだのも束の間、また感染がひろがってきている大阪。

 

f:id:rum64:20200725102711j:plain

こんなふうに、お互いの笑顔が見られる日は、まだ遠い。

でもこの看板を見られて、よかった。

南北朝時代の美~錦織神社

蒸し暑い日と雨の日の後の、すこしだけ暑さのやわらいだ日曜日、「ラーメンまこと屋」の半熟煮玉子鶏じゃんラーメンが食べたい!と思い、大阪府富田林市にあるお店に行くことにしました。

グーグルマップで場所を確認すると、近くに錦織神社があったので、カメラも持って。

 

最寄り駅である近鉄長野線川西駅に着いたときにはもうお昼どきだったので、まずはラーメン屋さんで空腹を満たします。

 

お店を出て、ちょっと戻ったところの交差点をまっすぐ西へ進んでいくと、木々の茂った神社らしき場所につきあたりました。でも参道ではなさそう。入ってみると拝殿前の広場に出ました。

 

↓参道の入口近くにある案内図です。全体は後ほど。

f:id:rum64:20200627100811j:plain

 この図の上の道から入ってきたのでした。

 

拝殿をくぐると・・・

f:id:rum64:20200627100054j:plain

 

f:id:rum64:20200627100128j:plain

お参りしてから、のぞき見。

 

f:id:rum64:20200627100208j:plain

トリミングしてみました。キラキラですね。(^-^)

大阪観光局のサイトに本殿全体のわかる写真がありました。

osaka-info.jp

 

f:id:rum64:20200627100244j:plain

この狛犬、好きだわ。

 

f:id:rum64:20200627100324j:plain

拝殿に近いところに左右にのびる通り道があって、そこからだと屋根がよく見えました。

 

f:id:rum64:20200627100420j:plain

 

f:id:rum64:20200627100458j:plain

 

f:id:rum64:20200627100534j:plain

和みます。

 

f:id:rum64:20200627100619j:plain

帰りは長い参道をとおって。

 

f:id:rum64:20200627100712j:plain

涼しくて心地よい空間。

 

f:id:rum64:20200627100743j:plain

錦織神社について。字が小さくなってしまったので、3つめの段落までを書き写します。

錦織神社の鎮座しますこの地域は、古代錦部郡と呼ばれ錦を織る技術者の集落として、また水流の合流点として栄え、この地域の守護神として室町時代正平18年(1363年)に創建されたのがこの神社です。かつてこの宮は錦部の一の宮といわれ「河内三水分」の一つとして称えられていました。

 

御祭神は本殿中央に建速素戔嗚命、右に品陀別命、左に菅原道真公をお祀りし、摂社春日社には熊野速玉神、春日大明神、摂社天神社には火産霊神大国主神恵比寿神をお祀りしています。

 

本殿は入母屋造りとなっており、軒唐破風に千鳥破風を乗せた造形美に富んだ屋根は、室町時代を代表する建物として希少価値が高く、後に国宝日光東照宮の拝殿にも採りいれられています。

 

f:id:rum64:20200627100941j:plain

こちらの解説には、藤原時代の古瓦が出土したことや、南北朝時代の造営責任者についても書かれています。

 

f:id:rum64:20200627101051j:plain

 

f:id:rum64:20200627101149j:plain

鳥居の前の道は、東高野街道

 

f:id:rum64:20200627101214j:plain

今回、上の図のように反時計回りに歩きましたが、ラーメンは後にして、時計回りに行ったらよかった!

「リラックマとカオルさん」展(2019年9月4日~16日)あべのハルカス近鉄本店ウイング館

ゼスプリのテレビCM「好きなことを楽しみながら」篇に癒されています。キウイも食べてます。

 何回か見ていて、ふと「あの足つぼマットは、スゴク小さいのをつくってあるんだろうな」と思い、「『リラックマとカオルさん』展」のことを思い出しました。

リラックマとカオルさん」というのはNetflixオリジナルのコマ撮りアニメで、そのセットの展示やグッズ販売などのイベントが昨年、「『リラックマとカオルさん』展」として各地で開催されていました。

9月には、あべのハルカスでも開催。タブレットのカメラで写真を撮っていたので、かな~り遅ればせながらアップします。

 

f:id:rum64:20200517142216j:plain

 

f:id:rum64:20200517142304j:plain

 

f:id:rum64:20200517142327j:plain

 

f:id:rum64:20200517142349j:plain

 

f:id:rum64:20200517142413j:plain

 

f:id:rum64:20200517142440j:plain

 

f:id:rum64:20200517142500j:plain

 

f:id:rum64:20200517142523j:plain

 

制作現場についての記事をみつけました。写真も素敵です。

natalie.mu

 

古墳時代ジオラマ~大阪府立近つ飛鳥博物館

今さらかもしれませんが、YouTubeの「もずふるMozu-Furuichi」というチャンネルに、近つ飛鳥博物館のジオラマの動画が上がっているのを見つけました。

 私も、2019年1月26日に近つ飛鳥博物館に行ったとき、ジオラマの写真を撮っていたのですが、16mm単焦点レンズだけで行ったので小さくしか撮れず、わかりにくいので記事にしていませんでした。

でも今、外出自粛で写真ネタもないし、動画の紹介ついでにアップしたいと思います。

トリミングしてから、解像度を小さくしていますが、それでもやっぱりよく見えません。ゴメンナサイ。

 

ジオラマは、調査・研究の成果をもとに、想像を加えて製作されているそうです。

150分の1スケールということなので、人物は約1センチです。

 

f:id:rum64:20200429161247j:plain

首長層の居館。広い濠に囲まれています。

(左奥の水面に冑と挂甲の復原模造品などが映り込んでいるのは無いものと思ってください)

群馬県の三ツ寺Ⅰ遺跡をもとにつくられています。

 

f:id:rum64:20200429161558j:plain

牧。馬が飼育されています。

 

f:id:rum64:20200429161707j:plain

鍛冶工房。

 

f:id:rum64:20200429161754j:plain

勾玉つくりの工房。

 

f:id:rum64:20200429161848j:plain

埴輪を焼いています。

 

f:id:rum64:20200429161954j:plain

修羅をつくっています。

 

埴輪、修羅とくれば古墳!

古墳のつくりかた。

f:id:rum64:20200429162151j:plain

土を掘ったり盛ったり。

りっぱなお墓がつくられる一方、木の陰には掘っただけの穴に葬られる人々がいます。

 

f:id:rum64:20200429162434j:plain

修羅を使って、石棺を運びます。

 

f:id:rum64:20200429162535j:plain

葬列のようす。ひれ伏す人々。

 

f:id:rum64:20200429162733j:plain

葺石用の石を集め、葺いていきます。

 

f:id:rum64:20200429162937j:plain

埴輪を並べて、できあがり。

 

f:id:rum64:20200429163035j:plain

ケーキのように切ったところ。

竪穴式石室と長持形石棺。

 

古墳のつくりかたについては、いろんな説があるようです。別のパターン。

www.kk-bestsellers.com

www.kk-bestsellers.com

このような、りっぱなお墓に葬られる王や豪族の生前の暮らしはどんなものだったのでしょうか。

(ここからは想像の割合が多めかと思います)

f:id:rum64:20200429163751j:plain

鷹狩り。

 

f:id:rum64:20200429164028j:plain

狩りの見物。狩られているのは・・・鹿?

 

f:id:rum64:20200429164207j:plain

使者の一行。

 

f:id:rum64:20200429164302j:plain

王の宴。

王さま、遊んでばっかりみたいだな。

 

一方、その頃、民びとは・・・

f:id:rum64:20200429164500j:plain

まさかの、お昼寝!?

 

f:id:rum64:20200429164739j:plain

畑仕事もやってるよ。

 

f:id:rum64:20200429164917j:plain

イノシシ(豚?)の飼育。私の推しジオラマ。後ろから激突されている人がいるのです。探してみてください。

 

f:id:rum64:20200429165113j:plain

市のようす。

 

f:id:rum64:20200429165311j:plain

木材を集めているらしい場所が見えます。

 

f:id:rum64:20200429165615j:plain

竪穴の我が家。

 

「もずふるMozu-Furuichi」チャンネルの動画では細かいところまでわかります。1センチの人物の世界、スゴイです!

古墳時代のものづくり」と「古墳の築造(古墳模型映像)」です。見てくださいね。

www.youtube.com

「アイタイ」、だから会わない

楽しい気分になりたくて、ゆるキャラ動画を見ていたのですが、

 石田洋介さんの「アイタイ(勝手にPV)」を見ていたら泣けてきた。

そして、もう1回見たくなった。

 

www.youtube.com

泣けてきたのは、今失われている状況がそこにあったから。

また見たくなったのは、取り戻したい状況がそこにあるから。

 

あなたの まちへ いきたい

 

その願いがかなう日を信じています。

冬季企画展「歴史発掘おおさか2019」(3月1日に終了)大阪府立近つ飛鳥博物館

パソコンを買いかえたり、仕事のことで悩んだり(もう解決した)でブログの更新をしていなかったので、2か月近く前のネタです。

2月24日、近つ飛鳥博物館へ冬季企画展「歴史発掘おおさか2019」を見に行ってきました。

展示は3月15日まで開催の予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため博物館が臨時休館となったため、3月1日で終わりました。

2月24日時点で既にイベントは中止、講座も延期という状況でしたが、梅がきれいに咲いていて天気もよかったこともあり、親子連れや写真を撮る方々がけっこう来られていて、おだやかな早春の休日という感じでした。

 

さて、この企画展は写真撮影可。 昨年の弥生博での失敗をふまえ、ISO1600固定で撮影しました。で、手ブレはほぼ回避できたのですが、ガラス越しのせいか、ぼや~んとした感じなのは否めない。

 

展示されていたのは、弥生時代から南北朝の頃までの、23もの遺跡の出土品です。

知ってる遺跡は藤井寺のだけで、わからないことも多かったけれど、とても興味深い展示でした。

その中からいくつか紹介します。

 

 

弥生時代

国府(こう)遺跡 (藤井寺市

国府遺跡は旧石器時代からの複合遺跡で、これまでに「ナイフ形石器」や、人骨の頭部とともにみつかった「けつ状耳飾り」など、考古学史上重要な出土があったところです。

今回は、弥生時代の土器と石器が展示されていました。写真は多様な石器たち。

f:id:rum64:20200228182149j:plain

出土した石器には、製品になる前のものや失敗したと思われるものが多く、製作工房があった可能性も考えられています。

 

 

東奈良(ひがしなら)遺跡 (茨木市

南茨木駅付近に広がる複合遺跡で、弥生時代に大規模な集落があったことで知られています。写真は弥生集落のほぼ中心部で出土した絵画土器です。

f:id:rum64:20200228182241j:plain

 

f:id:rum64:20200228182307j:plain

 

 

古墳時代

府中(ふちゅう)遺跡 (和泉市

縄文時代から近世までの複合遺跡です。

写真は古墳時代の土壙墓からみつかった陶質土器の甕にある鳥足文(ちょうそくもん)タタキ目です。

f:id:rum64:20200228182424j:plain

 鳥足文タタキ目は百済地域の土器に多くみられるものです。この甕は朝鮮半島から容器として運ばれたものが、お墓の覆いとして再利用されたようです。

 お墓は6世紀前後につくられたと考えられています。

 

 

ウトジ池古墳群(四号墳) (和泉市

f:id:rum64:20200228182511j:plain

 埋葬施設の堀形から出土した須恵器の小型壺。小さくてかわいい!

赤色顔料が入っていることから、葬送儀礼をおこなう巫女さんを想像したけど、実際どんなものだったのでしょう。

 

 

古代

畑ケ田(はたけだ)遺跡 (富田林市)

f:id:rum64:20200228182605j:plain

石帯と呼ばれる石の帯飾り具です。うう、私の撮影では美しさが伝わらないわ。(>_<)

裏面の穴は帯に取り付けるためのものです。一緒にみつかった土器などから奈良時代のものと考えられます。

 

 

中世

大県郡条里(おおがたぐんじょうり)遺跡 (柏原市

f:id:rum64:20200228182732j:plain

 どちらも14世紀ごろの土層に埋まっていたもの。

刀子(とうす)木型は、刀子(多用途ナイフ)の製作を依頼するときに形やサイズを指定するためのものです。

 木製物差しには、タテに3本、刻み目が見えるかと思いますが、その間にも小さい刻み目がはいっています。と書いても上の写真では無理があるので下にトリミングした写真もアップします。

f:id:rum64:20200413101351j:plain

中世の一寸に近い3.3cm間隔とその半分の刻み目だそうです。

一般的な村の跡などから出土するようなものではないので、生駒山西麓にあったといわれる「河内六寺」のような寺院から流されてきたものではないかと考えられています。

 

(参考:大阪府立近つ飛鳥博物館図録79「歴史発掘おおさか2019-大阪府発掘調査最新情報-」、展示パネル)